間々田紐 あわじ玉ブレスレッド

#Original  #Fashion  

¥4,644

「紐を結ぶ」「縁を結ぶ」「心を結ぶ」、時代に合わせて常に変化し、存在し続ける間々田紐の伝統。
間々田紐は、栃木県南部に位置する小山市に古くから伝わる日本古来の組紐で、草木染め(藍染など)の絹糸を伝統技術で1本1本手組みした紐です。組台の種類も丸台、角台、重打台、綾竹台、高台とあり、それぞれに特徴があります。民芸研究家の柳 宗悦らにより地名である間々田にちなみ『間々田紐』と命名され、栃木県無形文化財に指定、宮内庁献上品にもなっています。

 

 

絹糸を手組みした紐であわじ玉結びにしています。肌になじみやすいゴールドチェーンに丸いあわじ玉がついた当店オリジナルカラーのブレスレッドです。あわじ玉がポイントとなって、何気ないときにキラっと光る姿が可愛らしい。華奢なアクセサリーは手首をほっそりと見せてくれる効果もあるので女性らしい雰囲気が漂います。
1つでも素敵ですが、お手持ちのアクセサリーと重ねづけしていただいてもお楽しみいただけます。
4色の中からお選びいただけます。
※お時間を頂ければ、お好きな色でオーダーも可能です。

Brand:間々田紐(小山市間々田)

Size / あわじ玉7mm、チェーン180mm

Color
在庫有り
数量

cart2

PAGE TOP