守袋 巴の子(ねずみ)

#Original  #Fashion  

¥2,750

ポンピン堂は、江戸型染め屋「更銈」の当代と、デザイナー大野耕作が手がける生活雑貨を作る工房として2002年に始まりました。日本の長い歴史の中で生まれた手仕事に、現代的なデザインを取り入れ、日常の暮らしの中で気軽に使えるものを作り続けカタチにすること。
この小さな試みの継続が「伝統」を現在に繋げるということだと考えているポンピン堂。きちんと手間をかけた手仕事には、製品に温かさがあり、伝統を守っていくというポンピン堂さんの熱い想いが伝わります。ポンピン堂といったらシャレのきいた縁起柄をとりいれた「守袋」です。江戸時代にお守りを入れて懐中にしのばせておく袋として使われていましたが、現代では小型のデジタルカメラが丁度納まるサイズで、お数珠・印鑑・小銭・アクセサリーと大切なものを入れる袋としてお使い頂いています。桐箱の中には一つ一つ縁起由来の説明が添えてあり、贈り手の気持ちを伝えるギフトとしても人気があります。

守袋の紋様にはそれぞれきちんと意味があります。紋様に込められた意味を知り、そこに自分の想いをのせて誰かに贈ることによって受け取った人は紋様に込められた意味を知り、相手の気持ちを知ることができます。人から人へ伝わり、今では守袋がお守りのような存在になっています。紋様ひとつひとつの由来を知って、相手の好みを考えながらしっくりくるものを選ぶことも楽しみのひとつです。伝統的な紋様の素敵な贈り物になります。気持ちの贈り物が人から人へ伝わっていくことが嬉しいと思っています。この温かい温度が伝わるモノ作り、それこそがポンピン堂の目指すところです。

 

-巴の子(ともえのね)-

三匹の子を、縁起の良い巴型に図案した文様。
子(ね)は古事記にも登場する動物で大国主命の危機を救ったとされる。
台所の守り神として五穀豊穰を意味する。
また七福神の一柱として知られる大黒天の御使い灯され
富と豊かさの象徴として描かれる。開運招福・商売繁盛を象徴する文様。

Brand:ポンピン堂(東京都)

Materials / 表地:綿/裏地:ポリエステル/紐:レーヨン

Design
在庫有り
数量

cart2

PAGE TOP